スポンサーサイト

  • 2015.09.16 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    抗議活動参加者への、警察官による傷害事件について、所轄警察署に告訴状を提出しました。

    • 2015.09.14 Monday
    • 15:50
     
     本年9月11日午後7時6分ころ,国会周辺の安保法案に反対する抗議活動に関連し、「国会前交差点」 の南北横断歩道南側で,警視庁第四機動隊3中隊所属の氏名不詳の警察官が,斜め後ろの子どものほうを振り返るようにしていた被害者の左肩やや下の背中側をつく暴行を加えて転倒させ,頭,肘,腰を歩道に強打する傷害を負わせたという事件が発生しました。本件は,国政の重要問題について,憲法上の表現の自由(政治的意見表明の自由) を行使するために国会前を訪れた一市民に対し,警察が,参加者の安全・憲法上の権利の行使よりも,警察が一方的に決めた人数以上に正門正面エリアに人員を流入させないことを絶対の優先課題としたことによって生じた暴力行為であり、問題は重大です。

     見守り弁護団は、本日10時、所轄の麹町警察署に告訴状を提出しました。以下は、告訴状の内容です。


                                 告 訴 状
                                         
                                            2015年(平成27年)9月14日

    警視庁麹町警察署長 殿

                                  告訴人代理人
                                    弁護士 中川 重徳
                                    同 神原 元
                                    同 河崎健一郎
                                    同 武井 由紀子
                                    同 田部 知江子
                                    同 永田 亮
                                    同 杉浦ひとみ
                                    同 足立 悠
                                    同 野口 景子

                          告訴人  別紙当事者目録記載のとおり

                          告訴人代理人 別紙代理人目録記載のとおり

                          被告訴人 警視庁第四機動隊三中隊に所属する
                                        氏名不詳の機動隊員
                                          
                                  告 訴 事 実
      被告訴人は,
        平成27年9月11日午後7時06分ころ,東京都千代田区永田町「国会前」交差点の南西端において,警視庁第四機動隊所属の警察官として「安保法案」に対する抗議行動への参加者を規制する警備活動を行った際,同交差点南西端の三角形歩道から北西端を結ぶ横断歩道を封鎖するようにとの指示を受け,歩行者らが同歩道と横断歩道の境界付近にに立ち止まった状態で青信号に従って横断させるよう求めたのに対し,他の警察官らとともに横一列の隊形に並んで通行を阻止したうえ,同市民らを歩道の内側に力づくで後退させようとして横一列のまま南方向に前進した際,歩行者の最前列で歩道から一歩横断歩道上に降りた位置で被告訴人ら警察官に背を向けるようにして斜め後ろの子どもを振り返っていた告訴人(1962年〔昭和37年〕●月●日生まれ・女性)の左背部を被告訴人の肩ないし腕で強く押す暴行を加え,告訴人を後方に転倒させ,頭,肘,腰を歩道に強打して全治数週間を要する打撲傷を負わせて
    人の身体を障害したものである。

    罰条 傷害罪(204条)

                          本件の経緯および重大性

    1 本件は,憲法の立憲主義・法の支配,平和主義をゆるがすものと指摘され国政の重大問題となっている「安保法案」について,憲法21条の保障する表現の自由(政治的意見表明の自由)を行使するために,夫,子ども,他の家族とともに国会前を訪れた告訴人に対し,警察官が,参加者の安全よりも国会正門正面北側エリアに人員を流入させないことを優先し,違法な有形力を行使してでも青信号にしたがった横断を阻止しようとして生じた傷害事件である。
    2 すなわち,被害者である告訴人は,東京都狛江市在住し,大学生と小学生の子を持つ女性であり,市民として,親として,女性として,「安保法案」に対する自らの意思を表明するために,家族や同じく子育てをする地域の知人と話し合って当日国会前を訪れたものである。
    3 告訴人は,当日,午後7時前ころ,永田町駅から警察官の誘導・指示にしたがって本件横断歩道南側至り,いっしょに来ていた夫が先に横断歩道を南側から北側に渡ったのに続いて自らも子どもや他の大人(女性)とともに横断しようとしたところで警察官らによって横断を止められ,夫が先に渡っていてはぐれてしまう心配があるので渡らせてほしいと普通の言い方で警察官に求めたところ,横一列に隊列を組んでたちはだかるように整列して告訴人ら歩行者の横断を封じた。
    4 告訴人と同行の女性2名は,ほかの歩行者一名をはさんで歩道最前列に並ぶような格好になっていたが,告訴人および周囲の横断者は,警察官に対して実力で突破したり警察官を押しのけようとする行動は一切しておらず,告訴人も青信号になって渡ろうとして歩道から一歩横断歩道上に出ただけの位置であり(横断歩道を横切る車の通行はもともと禁止されているから全く安全状の問題は無い),告訴人の右背後には,3人の小学生がいる状態であった。
    5 警察官らは,当初は青信号まで待つように言っていたにもかかわらず,信号が青になって渡ろうとした告訴人らは,警察官らに強い力で押し戻されたので,整列した警察官と最前列の告訴人らとの間には約1メートルの間隔ができ,その状態で告訴人らは,他の歩行者らとともに,反対側の北側歩道には十分余裕があることを指摘して渡らせるよう冷静に懇請していたが,警察官らは横一列の隊列を組んだまま歩行者に向かって(南方向へ)前進し,告訴人が丁度右背後にいた子どもたちを振り返るようにしていたにもかかわらず,そのまま告訴人の右背部に警察官の肩ないし腕をぶつけるようにして押し続けたため,告訴人はどんとぶつかられる衝撃を感じて後方へ転倒し,歩道上の黄色い点字ブロック付近に頭,肘,腰を打ち付けたのである。
    6 告訴人はしばらく激痛で起き上がれずにいたが,整列した警察官は,同じ隊形で立ちはだかったまま告訴人を助け起こすこともしなかった。告訴人が起き上がれない状態であったため,周囲の者も警察官に抗議したり,弁護士を呼ぼうという声をあげ,しばらくしてようやく警察官らは封鎖を解除した。
    7 麹町警察署警備課長代理(高橋栄)も,当日,午後8時50分から同9時30分ころにかけて,現場で被害者および弁護士が抗議したのに対し,警察官の暴行の事実については「確認できない」としたものの,「警察としては子ども連れ,女性の方が行動に参加しても絶対に危険な目にあわないようにせねばならないという認識でいる」と弁明しているところであって,市民の安全を守る職責を負う警察官があろうことか女性を後ろから突き飛ばして転倒させるなどということは絶対にあってはならないことである。
    8 本人は,現場の救護班で応急手当の後,翌9月12日土曜日に近くの病院でレントゲン撮影を含む診察を受け,幸い骨折は無いものの,全治数週間を要すると見込まれる打撲傷と診断された。現在も,倒された際に頭,ひじ,腰等を歩道に打ち付けたことにより全身にあざがある状態である。
    9 本件は,第四機動隊3中隊所属の隊員が,命令に基づいて通行者に対峙して一列に並んで告訴人らを力尽くで後退させようとして起きた事件である。同隊の「向出」隊長も,「倒れていた被害者が起き上がったのは見えた,何人もの市民から警察官が倒したと言って抗議をうけた」と述べており,状況から言っても10人程度の警察官の面前で起きたことであるから,実行犯は容易に特定できるはずであり,厳正な捜査により実行犯および責任者を特定し処罰を求める。

    当事者目録

                          〒●−●
    東京都狛江市●●
          告 訴 人 ●

                          警視庁第四機動隊三中隊に所属
                                被告訴人 氏名不詳
                               
                                告訴人代理人目録
                               
            〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目16番8号アライヒルズ 2A
    諏訪の森法律事務所(送達場所)
                       弁護士 中川 重徳
    電 話 03−5287−3750
    FAX 03−5287−3780
                               
            〒211-0004 川崎市中原区新丸子東2-895 武蔵小杉ATビル505号室
                            武蔵小杉合同法律事務所
                        弁護士 神原 元
                        弁護士 永田 亮
                          (電話044-431-3541番)(FAX044-422-5315番)
                         
            〒102-0073 千代田区九段北1-4-5 北の丸グラスゲート5階(受付4階)
                            早稲田リーガルコモンズ法律事務所
                        弁護士 河崎 健一郎
                        03-6261-2880(代表)/-2902(直通)/-2881(FAX)/
                       
            〒231-0021 横浜市中区日本大通18KRC3階
                            はまかぜ法律事務所
                         弁護士 武井 由起子
                        電話045-212-5688番 FAX045-212-5667番
                       
            〒113-0033 東京都文京区本郷3丁目18−11 TYビル 3F
                            東京アドヴォカシ―法律事務所
                            弁護士 杉浦 ひとみ
                              電話:03-3816-2061
                             
            〒101-0052東京都千代田区神田小川町3−28−13
              ラフィネお茶の水807号
                          弁護士  田部 知江子
                電話 03−6869−5977 FAX 03−6800−1617
                             
            〒252-0231 神奈川県相模原市中央区相模原3-8-26 サンライズビル4階
                            弁護士法人まちだ・さがみ総合法律事務所
                            弁護士 足 立 悠
                              (FAX 042−730−5035番)
                              (電話 042−730−5005番)

            〒171-0021  東京都豊島区西池袋1―17―10 エキニア池袋6階
                            城北法律事務所
                        弁護士 野 口 景子
                          電 話 03―3988―4866番
                          FAX 03―3986―9018番


     
    • 0
      • -
      • -
      • -

      スポンサーサイト

      • 2015.09.16 Wednesday
      • 15:50
      • 0
        • -
        • -
        • -

        PR

        calendar

        S M T W T F S
            123
        45678910
        11121314151617
        18192021222324
        252627282930 
        << June 2017 >>

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM